ExcelVBAのコードを読まないで

ExcelVBAは、Visual Basic風の言語で書けるExcel上で動くマクロです。うまく使えば手作業では時間がかかってしまうような処理を、ボタン一回押すだけで出来るようになります。

便利なExcelVBAですが、自分一人で使っている分にはいいのですが、他の人が利用するとなるとうまくないことがでてきてしまいます。

自分一人で使うときは、マクロを実行するのに大して複雑なインターフェイスを設定しなくても充分使い物になるのですが、他の人が使うようになると使い勝手をよくするために画面も凝ったものを作らなくてはならなくなったりします。コンパイラ言語と違い、ユーザーが開発者の書いたコードを解読し、技術流出してしまうのもうまくないです。

技術流出の怖い人はこれからはアドインを作っていくことになるのかもしれません。
アドインを作るためにはVisual Studioを使う方法があります。

しかしそれだと簡単にいじれるVBAの良さが無くなってしまうという声が聞こえてきそうです。でも、世の中、何かを捨てなければ新しいものが得られないというのは仕方がないかもしれません。私は、暇を見てアドイン作成の研究をしてみたいと思います。

これからはVBAをできればこっそりと使いたいものです。

広告