PHP力を鍛える

PHPを覚えるとWebアプリケーションが組めるのだそうだ。格安レンタルサーバーでもPHPを利用できる場合が多く、汎用性は非常に高い。自分のPCの中に環境をインストールしてプログラムを実験的に動かすこともできる。テストしないでアップロードするのは私は怖くてできない

PHPの入門書を読むと、プログラミング言語に欠かせないコマンドはあるようだ。ただ、初めてだと違和感を持ってしまう機能もあったりする。例えば

変数の型を宣言しないで使う。

昔のBASIC言語を始めとするインタープリタ言語の流れをくんでいるのかもしれないと思った。PHPはPerlが先祖らしい。Webのプログラミング言語はこれが当たり前なのかもしれない。

for文やif文などほとんどの制御文はCに似ており、すんなりいけそうだ。

あとCにはない機能は使い勝手をよくする機能が多い。

まだ一本も何かに使えるアプリは組めていないが、WordPressのカスタマイズに役に立つかもしれない。

WebのAPIを使って何かを組めればいいのだが、APIの規約上どこまで利用できるのか、SEO上の観点からどうなんだろうと考えてしまうと、なかなか手が動かない。

でも、利用価値はありそうだ。自分がうまい使い方を知らないだけで。

広告