VisualStudioの買い時

Visual StudioはMicrosoftのWindows向け開発環境です。Visual Basic、Visual C++などが有名です。いろいろな言語が入っていて、なおかつ一つ一つが多機能で、全てを使いこなせる人は少ないでしょう。プロの人は新バージョンが出るたびに買っていく人もいるかもしれませんが、個人で小規模なツールをたまに作るという用途で使っている人は、なかなか全バージョンを揃えることは難しいでしょう。私も昔は全部揃えようとしていました。最近はある法則に則って購入することにより、そこそこ満足のいく買い方が出来るようになりました。そのやり方とは、

バージョンナンバーが偶数ぴったりのバージョンのみ買い続ける。

というものです。

具体的に言うと

Visual Studio 6.0

Visual Studio 2005

Visual Studio 2010

と買い進めることです。

VS2005はバージョン8.0、VS2010はバージョン10.0ですから、

こうすることでとりあえず大きな流れだけは押さえられ、出費も抑えることが出来ます。

Visual Studio2010はもう買ったので、しばらくはこれを使い、
次は2015年?に出るVisual Studio 2015?を買うのかもしれません。

広告