データベースは苦手

データベースはシステムの規模が大きくなってくるとよく使われるようになってくる。昔のプログラミング解説書には載っていなかったことが多かったが、最近では読み進めていくと最終章あたりに解説されている場合が多い。データベースの扱い方を知らなくても小さいツールを作っているぐらいの時は何も困ることはない。でもある程度までいったらデータベースを使うための魔法のコマンドの世話にならなくてはならない日がやってくる。
私は正直なところデータベースは苦手です。生のバイナリデータやテキストファイルやCSVファイルの方が目視かそれに準じた方法で確認できるのでどんな構造だったか忘れたときなんかは楽なのです。あと障害発生時の対応も最悪手作業で何とかなりそうな気がします。しかし、

ID・パスワードなどの重要データは隠さないと。

データベースは情報を取り出すのに複雑な操作を強いられ苦労するのですが、その分大事なデータを隠すのには役に立ちます。ただ、障害が発生したときが不安だけど。

データベースをさくさく使いこなせるようになる。

それがプロなんだろうなあ。

私もまだまだ修行が足りない。

広告