CPUクーラーの掃除

パソコンを長く使い続けるとCPUクーラーのあたりに埃がたまってきます。ひどくなってくると部屋の空気が埃っぽくなってくるので、1年に一度ぐらいパソコン内部の掃除を行っています。そのときやっかいなのがCPUクーラーの取り外しかもしれません。上手に取り外し・取り付けが行える人はよいのですが、何回も外したりしていると、プラスチックのピンが折れたり変形してしまいます。変形したCPUクーラーを取り付けるとCPUの温度が下がりにくくなるようです。私もリテールのクーラーを駄目にして買い換えました。

シリコングリスの用意も必要です。シリコングリスは熱伝導率の高いタイプはよく冷えるのでおすすめです。小豆大の塊をCPUの上にのっけてヒートシンクでつぶしながらCPUクーラーを取り付けるといい具合に広がります。

ネットでCPUの温度がどれぐらいなのか調べたのですが最新のCPUは60度を超えることもあるようで驚きます。

私のPCのCPUは50度以下のことが多いです。

パソコンをきれいにして、部屋の空気がきれいになって、CPUの温度も下がりいいこと尽くめのCPUクーラーの掃除ですが、着脱は慎重に行いましょう。

広告