HDDを買いすぎた

私の中で、枯れた製品は買いだ。というのがあります。HDDに限らず電化製品は時の進むに従ってより性能の高いものがより安く販売されるようになりますが、最近思うことはどこかで買い時というものが存在するんじゃないかということです。私はHDDが水平磁気記録が記録密度の限界に達し、垂直磁気記録に変わっていくという事を聞いて、水平磁気記録の製品が無くなる前に買ってしまおうと500GBの製品を何台か(台数は言いにくい)購入してしまいました。個人的には自己満足度の高い買い物をしたなと思いました。枯れた製品は安定動作が期待できそうな気がするし。

その次にきたのが2TBの製品、2TBという容量はOSにとって壁らしく、販売されていたHDDの容量が2TBという時代が長く続きました。1台1万円を割るようになって割安感が出てきた(価格的に枯れてきたと自分の中では呼んでいる)ことと、置き場に困っていたデータがあったので3台確保。使うときだけ電源ケーブルをつなぐようにして、あまり酷使しないようにしています。

使っていないHDDはバックアップデータの置き場として役に立ってくれることでしょう。

クラウドが普及という話を聞くと大容量HDDは早めに何台か買っておいた方がいいような気がします。

広告