ソフトの操作を覚えるいろいろな方法

生活していく上でパソコンが不可欠な道具となって10年以上過ぎたという人も多いかもしれません。
パソコンを使いこなすためには少なくとも使うソフトの操作を覚えなければなりません。若いときはすぐ覚えられたけど、最近はもうめんどくさくなってきたと言う年代の人も多いかもしれません。

そこでソフトの操作を覚える方法をいろいろ検証して気のついたことを書いていきます。

●本で覚える方法
できるだけ大きめの本屋さんで買うのがオススメです。
ネットの本屋さんのレビューなどで下見するといい買い物ができると思います。
個人の目的・レベルにより適合した本は変わります。よく中身を検討し、要件・好みを満たす本がいいでしょう。
本で良いのは眼に優しいということでしょう。
あと多数のタイトルから選べて情報量の割に安いこともメリットです。

●動画で覚える方法
大手のパソコンスクールや書籍の付録やネットで買う情報教材などで最近は動画の教材が増えてきています。
動画を見ればイメージしやすいというのが最大のメリットです。
語り手の情熱が伝わってくる教材は飽きない場合も多いです。
ただ、長時間見ていると目が疲れるのが欠点ですね。

●職場で覚える方法
プロの仕事なので、覚えないと明日がなかったりするので習得が非常に早いのが最大のメリットでしょう。実践的な内容が頭の中に残りそれがすぐ役に立つので、これで習得するのが一番いいと今では思います。

●パソコン教室・学校で覚える方法
基礎からやりたい人向けでしょう。カリキュラムも洗練されてきており、自分の求めるものと一致した講座を受けられれば時間短縮にはつながります。

■思ったこと
私は全部試してみましたが、ソフトにより思うことは違います。
これ以上伸ばさなくてもいいと思ったり
これを習得するのはいいが後で役に立つのか心配だったり
ゴールは見えているのになかなか手をつけられないテーマだったり。
でもプロで長期間勝ち続けている人には、いくら頑張っても勝てないというのが残念ながら私の結論です。

広告