2010年の暮れに思うこと

師走も半ばを過ぎ、年賀状の気になる季節になってきました。

2011年の干支はうさぎですが、犬も人気です。

去年は猫のカレンダーも売っていました。

今年はいきなり記録的猛暑に襲われたり、インターネットが社会的に大きなニュースを作ったり驚くようなことが多くありました。

PCパーツのパワーアップはもういいよという人もいるかもしれませんが、これからも、もっとハイパワーのパーツがでてきてまた自作がしたいという波が来年後半あたりからやってきそうな気配がします。

Intelではsandy bridgeやknights corner、 AMDではBulldozerがすごそうです。

そのうち22nmのプロセスルールのオクタコアのCPUも発売されるかもしれません。

PCに多くの演算をさせるゲーマーや科学技術計算に興味のある人はKnights cornerが台風の目となるかもしれません。

理論的には数テラフロップスも見えてきているCPUですし。

Larrabeeが駄目になった以上、期待がかかっています。

自作地球シミュレータパソコンができたら面白そうです。

あとWindows8の概要が来年中にネットに流れてくると思います。既成概念を打ち破る新機能の数々が楽しみです。

本当に来年はいい年になって欲しいです。

広告